美感青汁

美感青汁は、青汁のイメージを完全にくつがえした食べる青汁です。ゼリー状に仕上げられた美感青汁は、水などに粉末をとかす手間も必要ありません。

 

そのまま持ち歩いて、いつでもどこでも簡単に食べられるのが手軽です。しかも、味はマンゴー味と青汁とは無縁の風味。

 

おやつ感覚で食後や小腹が空いたときに食べられるのが、嬉しいですね。そのため、飲みやすい青汁ランキングのトップに輝いているほどです。1包あたり3kcalと低カロリーなのみ、魅力です。

 

健康のために青汁を飲んでいる人は、多いでしょう。しかし、美感青汁は美容のために食べている人が多いという青汁です。青汁成分として使われているのは、大麦若葉、クマザサ、明日葉、キクイモ、カゴメ昆布。

 

さらに、そこに美容成分として、コラーゲン、コエンザイムQ10、プラセンタ、ヒアルロン酸、セラミドが配合されているのです。美容成分のまさにオンパレードですから、頼もしい限りです。パッケージも女性らしく、若い女性から圧倒的な支持を受けているというのも納得です。

 

美感青汁に寄せられた口コミを紹介しましょう。

 

青汁というと、粉末を溶かすのが一番面倒で敬遠してしまいます。といって、冷凍などの液体青汁は高くて継続できません。そんなとき見つけたのが、美感青汁です。

 

何と、今までになかったタイプのゼリースタイルの青汁。えっ!?と目を疑いましたが、味もマンゴー味でおいしいし、美容ゼリーのようにちゅるんと食べられるのが気に入っています。

 

会社に持っていくと、同僚が気にするのでみんなに教えてあげました。今では、会社の女性社員の多くが食べているほどです。

 

痛風は尿酸値が上がるのが原因

 

尿酸値の数値が高くなってしまうことが原因になってしまって痛風を発症してしまいます。この尿酸値というのは、基準値が7.0r/dlとなっており、この数値を超えると高尿酸血症と診断されることになります。高尿酸血症と診断された場合、痛風を発症する可能性が高くなってしまいます。

 

プリン体から作り出された老廃物が尿酸となっているのですが、この尿酸が体の中に溜まってくると結晶化されていきます。結晶自体は、味も臭いもないのですが、尿酸値が上昇してくると、細かいガラスのような尿酸塩に変化をしていきます。

 

細かく尖っている尿酸塩が関節などに刺さってしまって、炎症になってしまいます。そして、これによって、痛風の独特の痛みを感じるようになってしまうのです。

 

痛風にならないようにしたいのであれば、尿酸値が上がらないようにすることが大切なのですが、その尿酸値を上げてしまう要因を作り出すプリン体を少しでも取り込まないようにしなくてはなりません。

 

尿酸値を下げるサプリならこちらの尿酸値を下げる痛風のサプリメントランキング決定版が参考になりますよ。

オメガ3脂肪酸はコレステロールを下げる優秀成分

 

最近はコレステロール値自体だけを注視するのではなく、悪玉コレステロールと善玉コレステロールがどのような割合になっているのかを見るべきだと考えられるようになってきています。これをLDL/HDL比というのですが、これはHDLコレステロール値でLDLコレステロール値を割って算出された数値になっています。

 

この計算式で導きだされた数値が2.5以上になってしまっているのであれば、悪玉コレステロール値と善玉コレステロール値は基準値だったとしても、比率が悪いため動脈硬化の危険性が高いと判断されることになります。

 

ですので悪玉コレステロールを減らして、反対に善玉コレステロールを増やすようにして、LDL/HDL比を2.5以下にしていくようにしなくてはなりません。

 

この悪玉コレステロールを減少させるのであれば、魚に含まれている油が有効だとされています。特にイワシや秋刀魚などのような青魚の油は、悪玉コレステロールを減らしやすいとされていますので積極的に食べましょう。あまり魚を食べることがないのであれば、オメガ3脂肪酸のサプリメントを日常的に摂取する方法もあります。

 

この他にも、ネバネバの食べ物というのは、多くの水溶性食物繊維が含まれているため、悪玉コレステロールを取り込んで体外に排出しやすいといわれています。ですので、昆布やわかめ、もずくなどを積極的に食べるようにしましょう。

 

悪玉コレステロールを減らすだけではなく、反対に善玉コレステロールを増やしていかなくてはなりません。そのためにも、しっかり有酸素運動をするようにしましょう。有酸素運動としてウォーキングなどのような簡単な運動を取り入れるようにしてみてください。この有酸素運動をすることによって、体の中の中性脂肪を減らしていくことが出来るようになるため、善玉コレステロールを増やしやすくすることができるのです。

更新履歴